【新刊紹介】「じつは食べられるいきもの事典」

本日2020年3月6日に宝島社から発売 「じつは食べられるいきもの事典」   
原 始 (著),伊勢 優史 (著),ぽんとごたんだ (イラスト)

昨今、いろんな「いきもの事典」があるが、食べられるいきものに焦点を当てた事典は世にも珍しい。未来と過去、宗教、生食の危険性など、あらゆる視点で食文化を取り上げているから、飽きのこない読みごたえがある。漫画「桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?」のぽんとごたんだ先生、当ブログ管理人虫食いライタームシモアゼルギリコなどなど制作に関わる人間が実際に普段からありとあらゆる生き物を食べているゆえか、至るところにリアルを感じる作品。実際に食べずして調べただけでは創れない本であろう。また昆虫食にまつわる章もあり、イナゴ、蜂の子、ざざむしなどいろんな虫も紹介されている。ごたんだ先生の生物の特徴を捉えかつ可愛い絵が、ゲテモノっぽさ、グロテスクさを良い感じに緩和しているように感じられ、子どもや先入観をお持ちの大人の方でも楽しめる一冊になるであろう。(管理人小池が読んだ感想)

 

ファーブルもセミを食べていた。

イラストの力で、だいぶグロさが緩和されるもんですね。

日本の伝統食、蜂の子やイナゴ、カイコにざざむしも紹介されています。

 

以下公式紹介文。
食べることは生きることであり、
人間の歴史そのものである――。

ラクダ、マンボウ、カラス……「じつは食べられる」生き物60種が集まった、
ありそうでなかった生き物事典が誕生!

「ラクダのコブは食べられる」
「ヤドカリはタラバガニの親戚だからおいしい」
「ネズミザメの心臓は貴重な珍味」

などなど、味や食べ方だけでなく、人間の食文化という視点から見た生き物たちのお話を、
わかりやすいビジュアルと文章でご紹介。

誰が、なぜ食べるのか
どんな味なのか
知れば知るほどおもしろい食文化の多様性と、
人間が生きることの奥深さ!

著者は『カラスの教科書』で有名な動物行動学者の松原始さん&海洋生物学者の伊勢優史さん。
イラスト&マンガを担当するのは『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』のぽんとごたんださん!
数々の生き物を実際に食べてきたこの3名に加え、
制作スタッフにも本書収録の生き物を数多く食べてきた者たちが結集!

生物学的データも満載で、子どもから大人まで好奇心をくすぐられる一冊!

この記事を書いた人
小池 亮

昆虫食愛好家。グラフィックデザイナー・イラストレーターなど創作屋。
祖父母の影響で幼少時から自宅では蜂の巣から生きた幼虫を抜いて、炒めて食べるなどして家庭環境から自然と昆虫食に親しむ。
日々新たな昆虫の味の探求、創作昆虫料理、昆虫採集活動、イベント開催、デザイン、イラストでの表現など様々な分野を通じて昆虫食の世界を開拓中。

小池 亮をフォローする
昆虫食関連 書籍
スポンサーリンク
小池 亮をフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい