【昆虫食】バッタを捕まえて食べよう!

10月になり、ずいぶんと秋めいてきた。そういえば今年は十五夜のお月見もロクにやってないし、筆者は秋らしいことを何ひとつとしてしていない。そうだ。せめて、めいっぱいバッタでも採って秋を感じようじゃあないか!と思い立ち、秋晴れの日に衝動的に虫あみ片手に草むらに向かったのであった。

スポンサーリンク

バッタを捕まえよう!

 

わっしゃわっしゃと草むらを掻き分けて進むのも、バッタ捕りの醍醐味。
歩みを進めるたびにチキチキと目の前をバッタが飛び交っている。
虫あみを振りかざすこと30分、色々なバッタを捕まえた。

ツチイナゴ。トノサマバッタに似ているけれど、褐色でちょっと顔が泣きっ面ぽい?

ショウリョウバッタ。この時期のショウリョウは、脱皮を繰り返し立派なサイズに。食べ応え抜群。

 

クルマバッタモドキかしら。斑模様がかっこいい!

そしてついに登場。トノサマバッタ!(ちっこい!)

色々採れた。他にもササキリやコバネイナゴ、オンブバッタなど色々見つけた。でも今回は食べ応えのある大きい個体だけを捕まえて食べることに。

バッタを調理して食べよう!

バッタといったらやはりパリッと揚げるのが定番。
やや硬い外殻も、高温でカラッと揚げればせんべいの如く、バリバリと食べられる。
今回は、2日間絶食させたバッタたちで、バッタの唐揚げを作ることにした。

①唐揚げ粉をまぶします。まんべんなくコーティングしましょう。

②高温の油でサッと揚げましょう。焦げやすいので、長時間揚げすぎると黒コゲになってしまうので注意!

③キッチンペーパーなどで油分を取り、盛り付けたら完成!

衣を被ってしまえば、あまり虫の見た目が気にならないかもしれない。
いただきます。
バリッ…バリッ…!
とても良い歯ごたえで、食感、風味ともに以前川エビの唐揚げを食べたときのデジャヴが脳裏によぎる。だけど、どこか植物を感じさせる優しい味わいなのだ。トノサマバッタなどはイネ科の植物を主に食すので、その食性から来るオーガニックな香りなのでしょう。やっぱりバッタ類は揚げが最高。
トノサマバッタは旨味が強く、ショウリョウバッタはやや淡白で優しい風味。ツチイナゴはやや硬く、植物の香りがひときわ強かった。
ということで、今回もごちそうさまでした!
※バッタは後脚にトゲがあるので、食べる際は引っかからないように気をつけましょう。またお子さんが召し上がる際は、後脚は取った方が安全に食べられると思います。
※甲殻系アレルギーの方は特にバッタは試食はお控えください。

文…小池 亮

昆虫採集
スポンサーリンク
koikeをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい