『スーパーフード! 昆虫食最強ナビ』発売!

本書では、流行りに敏感な昆虫食ビギナーに向け、食用虫図鑑から虫料理レシピ、レストランガイド、タレント・専門家インタビュー(対談)、ルポマンガ……などなど、まさに"オールアバウト昆虫食"といったコンセプトで、バラエティ豊かに盛り沢山な内容で一冊構成します。

販売ページはこちら

【昆虫食?】ジョロウグモってどんな味?

大きなジョロウグモのメスを捕まえた。
メスはオスに比べて最大5~6倍もデカいのだというから、「女郎」の名は伊達ではないような。交尾後にメスに食われる運命にあるオスは、人間で例えるならば、かつての高級遊郭で遊女に弄ばれている男性客のようなイメージ。ネーミングの由来はそこから来てるのかな。

メスのジョロウグモは真冬前に卵を産んで死んでしまうというから、11月上旬の今のシーズンは、ジョロウグモをお目にかかれる最後のチャンスだろう。
旬の味ということで、いただきます。

イエローのド派手なカラーリングが毒々しいぜ。

今回は本来のクモ味を吟味すべく、味付けせずに茹でる。過去に何度か食べた事はあるのだけれども、初心に還って素材の味を楽しもう。
クモはチョコレートの味!とか聞く事があるが、実際のところはどうだろう。

茹で上がった。腹部の模様が薄くなった。熱を加える事で、体内で何かしら反応が起きたのかな?

腹部はまるで豆のような形。
腹部は弾力があり柔らかく、「ムニュッ」とした感じであろうか。
クモの糸はa-ケラチンというタンパク質(髪とか爪にも使われてるヤツ)が素材らしく、腹部にこの素材液体がたっぷり貯蔵されている。クモを食う。それはクモの糸を食うといっても良いのかもしれない。
腹部はとても旨味が強くて濃厚。口どけもなめらか。ややほろ苦い。食感と味を食べ物で例えるならば、動物の内臓肉、もっと細かいところで言うとレバーが個人的にはしっくりくる。

 

断面はこんな感じ。レバーといったら、独特のクセや臭みを想像するけれども、ジョロウグモはレバーほどのクセはない。味わうごとに枝豆、ひよこ豆のような植物系の旨味も強く感じる。以前タランチュラを食したことがあったけど、こちらの腹部はカニミソっぽい感じだった。クモは味わいが内臓系っぽいという共通点があるのかしらねぇ。

以前食べたタランチュラ(上海小吃)

断面はこんな感じ。

脚はやや硬いので、食べずらい方は取って食べるのが良し。私は脚もエビっぽく美味しく食べられたけど、こちらは食べ方に好みが分かれる部位だと感じる。

〜ジョロウグモを食べて分かったコト〜
・腹部は豆風味のレバーっぽい味と食感。
・脚部は味が薄くて、やや硬い。
・茹でると風味が味わえて良し。
・腹部は毒々しい豆みたいでビジュアルが素敵。

ということで、今回もごちそうさまでした。

この記事を書いた人
小池 リョウ

昆虫食愛好家。創作屋。
祖父母の影響で、家庭環境から自然と昆虫食に親しんだ。

小池 リョウをフォローする
昆虫料理
スポンサーリンク
小池 リョウをフォローする
スポンサーリンク
世界を救わない昆虫食情報 むしくい
タイトルとURLをコピーしました