【昆虫食】カマドウマってどんな味?

夜中、森でカマドウマを捕まえた。

本種はマダラカマドウマであろうか。

人間には極めて無害にも関わらず、便所コオロギだのオカマコオロギだの、人々から不名誉な渾名を付けられてヒジョーに不憫なカマドウマ様。「マジキモい!」とか「生理的にイヤッ!」と条件反射的なスピードで色々言われるのは、体のアンバランスさや、異常な脚力でピョンピョン飛び跳ねる不気味さが相まっているからだろうか。9月のこの時期になってくると、大きくてプリッとしたカマドウマが、暗くてジメッとしたような木の穴ぼこや、溝のような場所にちらほらいるのを見かける。
さぁて、食べてみるとしよう。どんなに陰口叩かれようが俺は好きだぜ。カマドウマよ。

フクザツに料理にすると素材の味がぼけてしまうので、沸騰したお湯で塩茹でにするのがよろしい。しっかり加熱していきましょう。カマドウマがお湯に触れた刹那、生命の危機を感じたのか、足を自ら捥いでしまった。(いわゆる自切というヤツ)


できあがり。足は両足とも捥げてしまった…
長〜い触角と、クネっと丸まったボディラインが、エビを彷彿とさせる。いただきます。
まず頭からひと口、噛んでいると主張の強い旨味が。これは、コオロギとよく似た風味で、魚介に近いとされる旨味である。
ただ、雑食性なのか、体が大きいからなのか、雑味も若干アリ。濃い「旨味」を味わっている最中に、ささやかな「雑味」が纏わり付いてくる感じだ。2日絶食させてフン抜きをしたのに…。ここら辺の雑味は、きっとカラッと揚げるとだいぶ解消されるような気がする。
旨味の中でも特に後ろ脚の筋肉は旨味の塊だった。
あの驚異的な跳躍力を見せるカマドウマ様の生命力を大いに感じさせる野趣溢れる味である。
食べ応えバツグン!旨味満点!といったダイナミックな印象だった。
今回わかったこと…カマドウマは美味い。
ということで、今回もごちそうさまでした。

【カマドウマ】
総合点…100点中85点


文…小池 亮

昆虫料理
スポンサーリンク
koikeをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい