『スーパーフード! 昆虫食最強ナビ』発売!

本書では、流行りに敏感な昆虫食ビギナーに向け、食用虫図鑑から虫料理レシピ、レストランガイド、タレント・専門家インタビュー(対談)、ルポマンガ……などなど、まさに"オールアバウト昆虫食"といったコンセプトで、バラエティ豊かに盛り沢山な内容で一冊構成します。

販売ページはこちら

【昆虫食】セミのスイーツ

エビやカニでスイーツを作るなんて話は聞かないけれども、
昆虫がスイーツに合うというのは、昆虫食界隈ではよく聞く話。
その中でも、とりわけセミは、スイーツ向きかなぁと感じる。
樹液を吸って、木の優しい香りを体内に凝縮させて、ほのかに甘い食感が、スイーツとの親和性が高いんだろうかね。
今回は、そんなセミの甘くて美味しいお菓子作りを紹介したい。

スポンサーリンク

セミをチョコレートでコーティング

夏に採集して冷凍庫でコールドスリープしていたセミの幼虫を解凍。

一度お湯で下茹でしたりして、水気を取っておきます。

高温の油で、セミの幼虫を揚げます。

カラっと揚がったセミは、キッチンペーパーで油分を取った後、溶かしたチョコレート+生クリームにフォンデュ。

からめます。

敷いたアルミホイルに、チョコレートコーティングしたセミ幼虫を並べます。

冷蔵庫に入れて、一晩寝かせましょう。つづく。

セミのケーキ誕生

今回、コーティングしたセミは、昆虫食イベントでお世話になっている方のご家族の方に、ブッシュドノエルのケーキを作ってきていただいた。

ブッシュドノエルは木の切り株をイメージして作ったケーキであるから、セミを載せるにはなかなかのリアリティ。
たくさんのセミが羽化しているような絵面が良いですね。生命を感じます。

切り株の断面に、鎮座するのは、緑色のミカドミンミン様

味のほかにも、視覚的な楽しさがあると、より昆虫食を満喫できるなぁと思わされるケーキでした。料理に創作者のアートな要素が垣間見えると、気持ち的にも満たされますな。ごちそうさまでした。

この記事を書いた人
小池 リョウ

昆虫食愛好家。創作屋。
祖父母の影響で、家庭環境から自然と昆虫食に親しんだ。

小池 リョウをフォローする
レシピ
スポンサーリンク
小池 リョウをフォローする
スポンサーリンク
世界を救わない昆虫食情報 むしくい
タイトルとURLをコピーしました