【昆虫食】シデムシってどんな味?

山へ森へ虫取りに行くと道中で、虫やミミズ等の死骸を貪り食うシデムシ」を見かけることがある。


漢字だと「死出虫」「埋葬虫」と書くらしく、
死体があると出てくる虫って意味みたい。
いわゆる自然界のお掃除屋サン、スカベンジャー的存在。
となると、海のフナムシと一緒ですなぁ。

死肉食なので、安全面から見ても明らかに食用には向かないであろう。
今回、オオヒラタシデムシの幼虫を捕まえたので、
とりあえず、きちんと加熱してどんな味なのかを確かめよう。

 

 

沸騰したお湯で、3分ほど加熱した。いただきます。
甲殻は硬くない。フナムシやダンゴムシと同じく、ふにゃっとしている。
まずは腹部を食べたけれど、うぅッ…ただただ、苦くて臭い。
茶色っぽくて、透明感のある体液が溢れ出してきた。
これは非常にマズい。

死肉食ゆえ腐った肉の味が、体に思いっきり染み付いてしまっているようだ。

かろうじて頭の部分は食べれたけれども、なんの味もしない。
ということで、シデムシは到底食用にはならない。
死肉食ということで安全面からしてもオススメはできないから、
わざわざシデムシを食べる必要はないんじゃあないかな。
ダンゴムシ、シデムシ、フナムシ…スカベンジャーはおいしくない。
改めてそう感じたのだった。ごちそうさまでした。

 

 

シデムシ
苦い。臭い。マズい。
総合点 10点

 

 

この記事を書いた人
小池 リョウ

昆虫食愛好家。グラフィックデザイナー・イラストレーターなど創作屋。
祖父母の影響で幼少時から自宅では蜂の巣から生きた幼虫を抜いて、炒めて食べるなどして家庭環境から自然と昆虫食に親しむ。
日々新たな昆虫の味の探求、創作昆虫料理、昆虫採集活動、イベント開催、デザイン、イラストでの表現など様々な分野を通じて昆虫食の世界を開拓中。

小池 リョウをフォローする
昆虫の味
スポンサーリンク
小池 リョウをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい
タイトルとURLをコピーしました