第28回:2008年バッタ会

【昆虫料理研究会 第28回 例会報告】

罫線 WIDTH=

■開催:2008年10月13日

■場所:高幡不動

■食材:バッタ、サクサン、キイロスズメバチ幼虫ほか

今年もバッタがおいしい季節がやってきました。飛翔能力にすぐれたトノサマバッタの採集は、野性味あふれる昆虫食の原点です。秋の一日をおおいに楽しみましょう。

◆持ち物
昼食(おにぎり等)、食器(椀、皿、コップ、箸等)、飲み物、雨具等
◆採集地点 駅から徒歩10分の浅川土手沿い、ふれあい橋~新井橋間の河原。
◆調理と試食
1時ごろから新井橋下の河原で調理と試食、3時過ぎに解散
◆参加費 1000円

◆主なメニューとレシピ
●バッタの天ぷら

【材料】(20人分)
バッタ 採取
天ぷら粉 適量、揚げ油 適量、塩・コショウ 少々、水、キッチンペーパー
【作り方】
1 天ぷら粉を適量の水で溶く。
2 虫全体に天ぷら粉をつける。
3 180度ぐらいの油でからっと揚げる。きつね色になったら、キッチンペーパーなどにあげ、油をよく切り、塩・コショウでいただく。

●ハチとサクサンのパンプキンシチュー


【材料】20人分
キイロズメバチ幼虫、さなぎ 200g
サクサン 30個 260g
カボチャ 半個、タマネギ 3個、牛乳 500cc、チキンコンソメ 適量、油 少々
【作り方】
1 カボチャは3cm大の角切り、タマネギはくし形に切る。
2 サクサンは片面にキッチンハサミで切れ目を入れる。
3 鍋に油を熱し、タマネギ、カボチャを加え、ひたひたの水とコンソメを入れ、カボチャに串が通るまで煮る。
4 スズメバチ、サクサンを入れ、牛乳を加え煮立ったら出来上がり。

この記事を書いた人
ムシモアゼルギリコ

フリーライター歴19年(※虫関連の記事以外、基本は別名義)。
2008年頃から昆虫料理研究会(内山昭一主催)に参加し、“虫食いライター”としての活動を始める。
TV、ラジオ、雑誌、トークライブ等で昆虫食の魅力を広めているほか、映画やバラエティ番組などに登場する“虫食いシーン”の、調理サポート等も行う。

ムシモアゼルギリコをフォローする
バッタ会 虫イベントレポート
スポンサーリンク
ムシモアゼルギリコをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい