第23回:2006年バッタ会

【昆虫料理研究会 第23回 例会報告】

■開催:2006年10月14日(土)
■場所:京王線「高幡不動」駅近く浅川

■食材:バッタ、セミ、カワゲラ、イナゴ、アリ、ハチ、サクサン、サワガニ、ザリガニ、タガメ、スズメバチ幼虫&さなぎ、ツムギアリ幼虫&さなぎ、カイコさなぎ

■参加者:14名

罫線 WIDTH=

今年もバッタ捕りの季節がやってきました。大きく育ったトノサマバッタの採集は、
狩猟気分を満喫させてくれます。参加者のみなさんは童心にかえって秋の一日をお
おいに楽しみました。

罫線 WIDTH=

主なメニュー

煎りイナゴの香梅炒め
天ぷらと素揚げ(バッタ、セミ、カワゲラ他)
虫入り芋煮(アリ、ハチ、サクサン、サワガニ、ザリガニ)
虫キムチ(タガメ、スズメバチ幼虫とさなぎ、ツムギアリ幼虫とさなぎ、カイコさなぎ、サクサンさなぎのむき身)
虫クッキー(イナゴ、カイコさなぎ、タガメペースト)

罫線 WIDTH=

煎りイナゴの香梅炒め煎りイナゴ

【材料】
イナゴ
梅シロップ
【作り方】
1 イナゴをカリカリになるまで煎る
2 仕上げに梅シロップをからめてさっと炒める

罫線 WIDTH=

●トノサマバッタの天ぷらバッタの天ぷら1

【材料】
トノサマバッタ
天ぷら粉 適量
揚げ油 適量
塩 少々
コショウ 少々

キッチンペーパー
【作り方】
1 天ぷら粉を適量の水で溶く。バッタには付けにくいので濃いめにする
2 虫全体に天ぷら粉をつける
3 180度ぐらいの油でからっと揚げる。きつね色になったら、キッチンペーパーなどにあげ、油をよく切り、塩・コショウでいただく。

バッタの天ぷら2

罫線 WIDTH=

●虫入り芋煮芋煮

【材料】
ツムギアリ幼虫、さなぎ 100g(缶詰)
スズメバチ幼虫、さなぎ 200g
サワガニ、ザリガニほか
里芋 中30個
マイタケ 3枚
油揚げ 2枚
だし醤油 適量
【作り方】
1 里芋を洗って皮をむき、4つに切り、鍋に入れて煮る
2 煮立ったらマイタケを適当に裂いて鍋に入れる
3 油揚げを適当な大きさに切って鍋に入れる
4 里芋がやわらかくなったらだし醤油で味付けする
5 ツムギアリとスズメバチなど虫各種を鍋に入れる
6 煮立ったら出来上がり。
罫線 WIDTH=

<虫を食べる人々>

集合写真

罫線 WIDTH=

バッタ会虫イベントレポート
スポンサーリンク
girikoをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい