第15回:空の青空の下で虫焼きそば

【昆虫料理研究会 第15回 例会報告】

■開催:2003年10月19日

■場所:京王線 高幡不動前近く浅川

■食材:(当日採集品)トノサマバッタ、イナゴ、ツユムシ、クビキリギス、カマキリ等

(持参品)コオロギ、ケラ、ガムシ、カイコさなぎ、ジャイアントワーム(ユミアシオオゴミムシダマシ幼虫)等

今回は久しぶりに自然の中で虫取りを楽しみました。京王線高幡不動駅前に集まり、浅川に出て、土手沿いを虫を探して歩きました。

採集風景

好天に恵まれて温度も上がり、トノサマバッタがそこここの草むらから飛び立ち、それを追って走り回りました。この時期なのでそれほで量はとれませんでしたが、おおいにストレス解消にはなったと思います。

罫線 WIDTH=

■河原に並んだ食材罫線 WIDTH=

食材一覧

写真の左が当日採れたバッタ類、右のビニール袋へ入ったものが持参品。ジャイアントワーム以外の持参品は食虫のさかんなタイからのおみやげ。

罫線 WIDTH=
■虫焼きそば
罫線 WIDTH=

焼きそば

当日採れたバッタ類、カマキリや、持っていったさなぎ、ケラ、コオロギなども混ぜてある。口当たりはさなぎが一番。カマキリはすじばって口に残る。

罫線 WIDTH=
■カレー味のからあげ
罫線 WIDTH=

からあげ

さなぎ、コオロギ、ケラ、ジャイアントワームをからあげし、カレー味で仕上げた。つまみとしていくらでもいけそうだ。カレー味なので虫臭さがどうもという人にもいいかもしれない。

罫線 WIDTH=
■ガムシのからあげ

罫線 WIDTH=

からあげ

ガムシをさっとあげて塩をふる。これぞ虫の味。甲虫なので殻を割ってちゅーちゅー吸い出し方式で食べる。いささか臭みがあるのでレモンをたらすなどするといいだろう。

バッタ会虫イベントレポート
スポンサーリンク
girikoをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい