第34回:2010年バッタ会

■開催:2010年10月11日(月)午前11時
■場所:高幡不動駅近く浅川

■食材:バッタ、蚕、その他

「バッタは難しい!」バッタ会初参加の人のコメントである。

何と比べて難しいのかというと、セミと比べるとなかなか捕まえられない、とのこと。とまっているところを網で狙うのはセミもバッタも同じなのだが、バッタの力強い飛行にそう感じるのだろうか?

ちなみに自分はどちらも数匹づつしか捕れないので、あまり差を感じていません。

今年は天気に恵まれず、急きょ日程が延期となったので、都合がつかず参加できくなってしまった人も多かったようで残念。異様に暑かった夏の影響はあるのかないのかか・・・なんて話を皆でしていたが、捕れたバッタはむっちむちで美味しそうだ。

捕ったバッタは網へIN。たまってくると記念写真を捕りたくなる。大漁!

バッタは次々天ぷらに。揚げたて、最高です。

コレも毎度のことですが、カマキリも混ざったり。

現地調達の虫以外に、蚕料理なども追加。

日差しがすっかり秋です。

バッタ会初参加の3名、記念の1枚!
この記事を書いた人
ムシモアゼルギリコ

フリーライター歴19年(※虫関連の記事以外、基本は別名義)。
2008年頃から昆虫料理研究会(内山昭一主催)に参加し、“虫食いライター”としての活動を始める。
TV、ラジオ、雑誌、トークライブ等で昆虫食の魅力を広めているほか、映画やバラエティ番組などに登場する“虫食いシーン”の、調理サポート等も行う。

ムシモアゼルギリコをフォローする
バッタ会 虫イベントレポート
スポンサーリンク
ムシモアゼルギリコをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい
タイトルとURLをコピーしました