『スーパーフード! 昆虫食最強ナビ』発売!

本書では、流行りに敏感な昆虫食ビギナーに向け、食用虫図鑑から虫料理レシピ、レストランガイド、タレント・専門家インタビュー(対談)、ルポマンガ……などなど、まさに"オールアバウト昆虫食"といったコンセプトで、バラエティ豊かに盛り沢山な内容で一冊構成します。

販売ページはこちら

第5回:コオロギのホイール焼きに初挑戦

【昆虫料理研究会 第5回 例会報告】

■開催:2000年10月22日

■場所:京王線・高幡不動駅近く 浅川

■参加者:3名

京王線高幡不動駅午前11時集合。参加者3名。10分ぐらい歩くと浅川に出る。まず浅川近くの用水でザリガニを釣る。曇天で気温も低かったためザリガニの姿がなかなか見えない。岸辺の石の間などに隠れているのは確かなのだが、姿が見えないと釣るのはなかなか難しい。釣れたのは2匹だけだった。そのかわり大きなコイを一匹網ですくった。主旨には反するが食料としては大物だ。

浅川の土手でコオロギをとった。あちこちの草むらで鳴いているので、コツさえつかめば捕獲は簡単だ。とりあえず10匹ぐらいとった。


調理はたき火を使った。たまたま橋の下に暮らすおじさんがいて、その人のたき火を使わせてもらった。コイを捌くのに少し時間がかかったが、とったザリガニとコオロギ、捌いたコイをみんなアルミホイールにくるんでたき火の中へいれ、蒸し焼きにした。

この記事を書いた人
ムシモアゼルギリコ

フリーライター歴20年(※虫関連の記事以外、基本は別名義)。
2008年頃から昆虫料理研究会(内山昭一主催)に参加し、“虫食いライター”としての活動を始める。
TV、ラジオ、雑誌、トークライブ等で昆虫食の魅力を広めているほか、映画やバラエティ番組などに登場する“虫食いシーン”の、調理サポート等も行う。

ムシモアゼルギリコをフォローする
その他 虫イベントレポート
スポンサーリンク
ムシモアゼルギリコをフォローする
スポンサーリンク
世界を救わない昆虫食情報 むしくい
タイトルとURLをコピーしました