『スーパーフード! 昆虫食最強ナビ』発売!

本書では、流行りに敏感な昆虫食ビギナーに向け、食用虫図鑑から虫料理レシピ、レストランガイド、タレント・専門家インタビュー(対談)、ルポマンガ……などなど、まさに"オールアバウト昆虫食"といったコンセプトで、バラエティ豊かに盛り沢山な内容で一冊構成します。

販売ページはこちら

くにまるジャパン、お世話になりました!


昨日は『くにまるジャパン』(文化放送)「おもしろ人間国宝」に出演させていただき

130番目のおもしろ人間国宝に認定していただきました(笑)

上の写真はアナウンサーの野村那丸さんと加納有沙さんに食べていただいた、虫菓子。

ミールワームのブラウニーと、蟻の卵入りはちみつレモンゼリーです。

ミールワームはナッツ系の味がするので、チョコレート生地と相性良し。

蟻の卵はお菓子よりもおかず向きの味ですが、ミントとレモンでさっぱり仕上げればゼリーにもぴったり。

どちらも加熱してから生地OR液に流し入れるだけなので、誰でも作れるかんたんおやつです。

ワームはバターで軽くソテーしてから、イン。

 

そういえば先日みたま祭りの見世物小屋では、「蛇に育てられた蛇人間」がおやつにワームを食べとりました。しかも、生食い。

コレも差し入れにお持ちすればよかったですかね?

ちなみにこの夏の見世物小屋@みたま祭りには、みんなのアイドル・蛇食いの小雪太夫は不在でした。

寂しい!

なんて言いながら、蛇食いで使われていた蛇は1匹約5000円で10公演ほど使えるとして、

ワームは高くても1匹30円なので10公演で300円…予算削減…という下種な計算が頭をかすめたのはナイショだ。

 

と、話は飛びましたが、

放送作家の穂坂さんお声をかけてくださりありがとうございました&くにまるジャパンの皆様お世話になりました!

この記事を書いた人
ムシモアゼルギリコ

フリーライター歴20年(※虫関連の記事以外、基本は別名義)。
2008年頃から昆虫料理研究会(内山昭一主催)に参加し、“虫食いライター”としての活動を始める。
TV、ラジオ、雑誌、トークライブ等で昆虫食の魅力を広めているほか、映画やバラエティ番組などに登場する“虫食いシーン”の、調理サポート等も行う。

ムシモアゼルギリコをフォローする
お知らせ
スポンサーリンク
ムシモアゼルギリコをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい
タイトルとURLをコピーしました