虫フェスVol.2レポート・準備編(その①)

【 東京むしくいフェスティバル Vol.2 】

■開催 2010年4月16日

■場所 東京中野・桃園会館

■出演/内山昭一(昆虫料理研究家)・永井尋己(虫映像作家)・ムシモアゼルギリコ(虫食いライター)

■ゲスト/齋藤正明(マグロ船式職場活性プロデューサー)・カベルナリア吉田(紀行エッセイスト)・虫食Gメン(某有名食品会社勤務)・星船庭(バンド)

昆虫食トークショー、再び桃園会館へ!

東京虫食いフェスティバル。

昆虫料理研究家・内山昭一の率いる虫食いチームがお贈りする「昆虫食トークショー」第2弾、皆様のおかげで大盛況に無事終えることができました! 本日はご報告がれら、簡単なレポートを。

会場の桃園会館は、築100年というレトロな雰囲気満載の建物。

ゆるゆると進行する(ぬるいとも言う)虫フェスの雰囲気にぴったりだ。


午後からスタッフで一斉に設営準備。

手作り感あふれる会場も、虫フェスの味わいだと思っていただければ・・・。

準備中、会場をこそっと抜け出すセミ。

何故か”セミ・ポートレート”大会。いいねー。かわいいねー。美ゼミだねー。

設営中に遊んでんじゃねえよ!・・・と思ったら、駅前でビラ配りをして虫フェスの宣伝をしていたのだった

(巨大ゼミの出現で驚かせてしまった中野駅前を通りかかった皆様、申し訳ありません)。

セミと少女。

なぜか握手を求められるセミ。番外編「セミフェス」を開催できそうな勢いである。

セミが外で宣伝している間に、物販の準備も完了

ハチ酢、食べる虫ラー油、虫酒(特にタガメ焼酎が大好評!)、ミード(ハチミツのお酒)等々、昆虫食をずらり。

前回出演したハチの専門家・ハッチー小川さんの蜂おにぎり屋&虫チョコフォンデュチーム。

ホワイトチョコでコーティングされたワーム

Ust中継班の準備も着々と進み・・・

東京虫くいフェスティバル2
昆虫料理研究家 内山昭一と昆虫料理研究会がお送りする 昆虫料理の祭典「虫フェス2」 今回のテーマは美味しさのヒミツ! ゲストは某食品会社社員の「虫食Gメン」、 マグロ船でおなじみ「齋藤正明」、 巨体紀行エッセイスト「カベルナリア吉田」、 謎の集団「星舟庭」他 売上の一部を義捐金として被災地に送ります。 みなさん、下記サ...

いよいよ開場!

※その②に続く

この記事を書いた人
ムシモアゼルギリコ

フリーライター歴19年(※虫関連の記事以外、基本は別名義)。
2008年頃から昆虫料理研究会(内山昭一主催)に参加し、“虫食いライター”としての活動を始める。
TV、ラジオ、雑誌、トークライブ等で昆虫食の魅力を広めているほか、映画やバラエティ番組などに登場する“虫食いシーン”の、調理サポート等も行う。

ムシモアゼルギリコをフォローする
虫イベントレポート 虫フェス
スポンサーリンク
ムシモアゼルギリコをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい