【昆虫食】カブトムシのさなぎの兜煮

カブトムシは、幼虫、成虫もマズい。腐葉土の味と言われている。
だが、ひとつ盲点があった。サナギを食べていない。
サナギを食わずしてカブトムシ全てをマズいと決めつけるのは、
ちょいと早計な気がしてよろしくない。
フンを完全に出しきってさなぎになるから
ひょっとすると、美味いかもしれない。頼むからひょっとしてほしい。
ということで、カブトのサナギを食べてみよう〜。


スポンサーリンク

カブトムシのさなぎ料理をつくろう!

はてさて、カブトさなぎはどうやって食べようかね。
ほどよい柔らかさだし、煮込むといいかも知れないなぁ。
カブト特有の土臭さを封じ込めるために、生姜を入れてみよう。
そうだ。魚の頭を調理した、兜煮っていうのがあるから、
カブトつながりで兜煮(カブトムシの煮物)を作ろうかな。←なんて単純

兜煮(カブトムシさなぎの煮物)
〜材料〜
カブトムシのさなぎ 2匹
生姜 おろしたものor2切れ
醤油 適量
白だし 適量
みりん 適量
水 適量
料理酒 適量

まず、さなぎ、生姜、水を鍋に入れて、火にかけましょう。


醤油、みりん、白だし、料理酒を適量加えていきます。
この辺のさじ加減は好みもあると思うので、インスピレーションで。

グツグツしてきます。甲殻に味が染みるまで、しばらく煮込みましょう〜。
今回は手鍋ですが、圧力鍋でやると手早く仕上がりますな。

盛り付けて、できあがり。 いい感じの色味になったかも知れません。
いただきます。まず一口食べてみます。
殻は結構しっかりしている。けど成虫ほどの硬さではない。
たとえるなら、熟れすぎる前の柿の果肉のようなほどよい硬さ。

断面を見ると…すごい。しっかりと肉が詰まっている。幼虫とは大違い。

食感はサバの水煮と、
ココナッツ果肉を足して2で割ったような感じ。

オノマトペで表現すると、「シャクシャク」って感じかなぁ。
これは虫には滅多に存在しないような食感だ。

幼虫時代に比べると、あのヒドい土の風味はほとんど消え失せており
土とは違うほろ苦い味と適度な甘みがあって全然食べられる。
フンもないから、土のシャリシャリ食感も全くない。
生姜を入れたのも良かったかも知れない。クセを感じなかった。

嘔吐くこともなく、美味しく2匹とも平らげてしまう。
ということで、カブトムシさなぎは美味しく食べることができた。
ご馳走様でした〜。

カブトムシさなぎの兜煮
あまい…★★★☆☆
からい…★☆☆☆☆
にがい…★★★☆☆
すっぱい…★☆☆☆☆
うまい…★★★☆☆

総合点 75点

 

 

この記事を書いた人
小池 リョウ

昆虫食愛好家。グラフィックデザイナー・イラストレーターなど創作屋。
祖父母の影響で幼少時から自宅では蜂の巣から生きた幼虫を抜いて、炒めて食べるなどして家庭環境から自然と昆虫食に親しむ。
日々新たな昆虫の味の探求、創作昆虫料理、昆虫採集活動、イベント開催、デザイン、イラストでの表現など様々な分野を通じて昆虫食の世界を開拓中。

小池 リョウをフォローする
昆虫の味
スポンサーリンク
小池 リョウをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい
タイトルとURLをコピーしました