虫フェス Vol.4【前編】

何だかんだと「東京虫食いフェスティバル」も第4回目!

第1回目開催の2010年11月から丸2年、昆虫食界もじょじょに盛り上がり(?)今回の来場者は過去最高の160名に。

開場と同時に、会場はあっという間に満席!

虫フェスは「長机&座布団」といういわゆる”温泉宴会場”スタイルなのだが、座布団が足りなくなりそう・・・!

しかし座布団以上に虫フェスに必須なのは、「虫屋台」の「飲み虫・食べ虫」!

こちらが今回のメニュー↓

 

「飲み虫」担当・カブトムシマン、ひたすら液体を注ぎ続けることに。

 

通常は”蜜のみ”の「蜂蜜」が一般的な食べ物だが、虫フェスでは巣ごといただきます!

twitterでは「ミツバチの巣、濃い。うまい。そりゃプーも食うわ」なんてコメントも。

「虫は苦手」というライターAさんも、なんとかアリジャムは口にできたよう。

開演を待つ間、インタビューを受ける虫フェス主催者。今回はたくさんのメディア関係の方々にもおこしいただき、大感謝。虫を食べるのが当たり前になっている出演サイドから見ると、色々な切り口で虫フェスが紹介されていくのが、とても面白い。

 

司会は虫フェス恒例、永井尋己&ムシモアゼルギリコでお送りします。


そして日本で唯一の昆虫料理研究家・内山昭一による挨拶で、虫フェススタート!

先ほどから出演者が装着しているマスクについては、また後程ということで・・・。

(中編に続く)

スタッフも準備万端

 

 

 

 

この記事を書いた人
ムシモアゼルギリコ

フリーライター歴19年(※虫関連の記事以外、基本は別名義)。
2008年頃から昆虫料理研究会(内山昭一主催)に参加し、“虫食いライター”としての活動を始める。
TV、ラジオ、雑誌、トークライブ等で昆虫食の魅力を広めているほか、映画やバラエティ番組などに登場する“虫食いシーン”の、調理サポート等も行う。

ムシモアゼルギリコをフォローする
虫イベントレポート 虫フェス
スポンサーリンク
ムシモアゼルギリコをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい