ナタリー・レテ ぬり絵『昆虫』

「カラフルな色遣いが楽しい、フランスの人気イラストレーター」

こう紹介されることの多い、セレクトショップ「Usagi pour toi(ウサギ・プゥ・トワ)」でおなじみのナタリー・レテ。

確かに可愛いっちゃー可愛いのだが、パンチがありすぎて”ちょっと狂ってる”と思わせるものも多く、それがまた大変いい。

こちらは数年前、衝動買いしたぬり絵『昆虫』。

一般的な「ぬり絵」なら、線はシンプルにファンシーに…が打倒な線だと思うのだが、
コレは何というか昆虫大好きアンファンが「虫って本当はこうなってこうなってるんだもんね!」と鼻息荒く、
可愛さそっちのけでグリグリと画用紙に書き込んだかのような熱さを感じる。

以下数ページだが、ナタリーレテの昆虫描写をお楽しみください。

押し花のようにべったり「平面」なのもなんか怖い!

全部おっぴろげられると、見ている方が少し恥ずかしい。

映画『パンズ・ラビリンス』にも出てきたが、ヨーロッパでナナフシってポピュラーなの?

 

ナタリー・レテの作品に、肉の部位や屠殺風景がしたためられた『BOUCHERIES(肉屋)』という絵本もあるらしく、
そんなもの、欲しいに決まってます。

 

この記事を書いた人
ムシモアゼルギリコ

フリーライター歴19年(※虫関連の記事以外、基本は別名義)。
2008年頃から昆虫料理研究会(内山昭一主催)に参加し、“虫食いライター”としての活動を始める。
TV、ラジオ、雑誌、トークライブ等で昆虫食の魅力を広めているほか、映画やバラエティ番組などに登場する“虫食いシーン”の、調理サポート等も行う。

ムシモアゼルギリコをフォローする
小説、絵本その他 虫カルチャーレビュー
スポンサーリンク
ムシモアゼルギリコをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい