昆虫食ポータルサイト「むしくい」

日テレBS放映の〈虫食い女子会〉レシピ公開☆

2016.03.06 | Posted by giriko | カテゴリ お知らせ, 小ネタ |  

昨日放映の『中川翔子のマニア☆まにある』にて登場しました〈虫食い女子会〉の昆虫料理レシピをご紹介!

DSC_2103

12659664_748582318608489_743844472_n

パエリアの具はアレンジして、冷蔵庫にある虫でOKです☆ って、冷蔵庫(&冷凍庫)に虫が入っているご家庭は少ないかもしれませんが……。

今回の〈虫食い女子会〉のテーマは、なんとなく〈虫バル〉
DSC_2101

虫パエリアをメインに、前菜として蝉アヒージョ、デザートは爽やかにタガメの白ワインゼリーです。
料理している間に、ほそいあやさんにパパッと描いてもらったメニュー。つっこみポイントが1か所あるが、それは虫云々に非ず。

〈蝉のアヒージョ〉
■材料(4人分)
蝉(幼虫)……8頭
蝉(成虫)……4頭
にんにく……2かけ
白マッシュルーム……5個
オリーブオイル……適宜
唐辛子……2本
塩、コショウ……適宜
パセリ……適宜

■作り方
1・蝉を軽く下茹でして、竹串で穴をあけておく。にんにくはみじん切りに、マッシュルームは塗れたふきんで汚れをふきとり、食べやすい大きさにカットする。
2・フライパンでオリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れて熱し、蝉とマッシュルームを加え、炒め煮にする。具に火が通ったら塩、コショウで味を調える。パセリを散らし、完成。※好みでバケットやレモンを添えても。

〈バグパエリア〉
■材料(4人分)
・ゴキブリ……5頭
・ミールワーム……80頭
・コオロギ……80頭
・米……2合
・サフラン……小さじ1/2
・玉ねぎ…1/2個
・にんにく……2かけ
・パプリカ(赤・黄色)……各1個
・お湯……480ml
・オリーブ油……適宜
・白ワイン……100ml
・ローリエ……1枚
・塩、こしょう…… 適宜
・黒オリーブ……適宜
・パセリ……適宜
・レモン……2個

■作り方
1・米をざっと洗って乾燥させておく。ゴキブリは下茹でしてから肢と内臓を取り除いてから焼き、ミールワームは素揚げ、サフランはお湯につけておく。ニンニク、玉ねぎは粗めのみじん切りにする。パプリカは種を取り除き縦に切る。
2・フライパンでオリーブオイル、ニンニク、玉ねぎ、コオロギを炒め、米を加える。
3・米が透き通ったら1のサフラン湯、白ワイン、ローリエを加えてから塩、こしょうで味を調える。5~10分ほど煮込んだら、パプリカとミールワーム、コオロギを並べて蓋をして、さらに5分蒸し焼きにする。
4・火を止めたらパセリと黒オリーブを散らす。食べる前に櫛切りにしたレモンを添えて、完成。

〈タガメのゼリー〉
■材料(4人分)
タガメ(塩づけ)……2頭
ゼラチン……5g
水……80ml
グラニュー糖……30g
白ワイン……200ml
ミント……適宜

■作り方
1・タガメを水につけて塩抜きし、下茹でしたら縦にカットする。ゼラチンは少量の水(分量外)をふりかけ、ふやかしておく。
2・水と砂糖を火にかけ、砂糖が溶けたらタガメの中身とワインを加え、沸騰直前でゼラチンも入れて溶かして火を止める。
3・2の粗熱がとれたら器に移し、冷やし固める。固まったらミントとタガメの殻を添える。

DSC_2105
※おまけ 
ウフウフと虫を食べさせっこしているほそいさんとユミちゃんでした。



【関連タグ】 , , , ,

『私、食虫植物の奴隷です』

2014.08.08 | Posted by giriko | カテゴリ 昆虫食関連 書籍 |  

NEC_0249

■著者:木谷美咲
■発行:2014年
■発売:水曜社
■虫:蝉、ゴキブリ

有名なSM官能小説のタイトルでもある「私の奴隷になりなさい」とは男女の関係性を提示する作中の台詞だが、
そういった人間同士の話からは遠く離れ、
一方通行的に愛で! 尽くし! 振り回され! 喜びを感じてしまったエッセイが『私、食虫植物の奴隷です』だ。

作者が食虫植物に出会い、のめりこみ、そして食うまでの経緯を記録したエッセイ。
ある意味、奴隷の反乱。

(続きを読む…)



【関連タグ】 ,

超文学フリマで『ゴキコミ』&手ぬぐい販売

2013.04.15 | Posted by giriko | カテゴリ お知らせ |  

4月28日に開催されます「超文学フリマinニコニコ超会議2」(@幕張メッセ)にて、

『恋と童貞』(ウー05)のブースにお邪魔して、『ゴキコミ』を販売致します!

(先日大阪で行われた文フリにて、『ゴキコミ』を求め恋童ブースにいらしてくださった方がいらっしゃったとのこと、

ご用意していなくて申し訳ありませんでした!)

『ゴキコミ』定価¥400

※ちなみに『ゴキコミ』はリンクファクトリーさんのネットショップでも扱っていただいています。

 

今回の『ゴキコミ』販売は新刊がありませんが、

蝉の食べ方が描かれている『むしくいてぬぐい ~セミの食べ方~』(¥1500)が新登場予定!
蝉の季節に向け、ぜひ1枚お手元に!

イラスト・デザイン/イソミジン 撮影/布川航太 モデル/藤井千桃子

■むしくい手ぬぐい(蝉)について

哲学者アリストテレスや昆虫学者ファーブルも口にし、日本では過去に缶詰として商品化が企画された、おいしい昆虫=セミ。
最近ではアメリカで、大発生したセミをアイスのトッピングにして販売したなんてニュースも記憶に新しいところです。
セミは夏の風物詩として日本中で見つけられる虫ですが、いざ食べてみたいと思うと「どうやって食べればいいの?」と、途方に暮れてしまいます。
そこで、このてぬぐいが大活躍! 身近なセミを簡単においしく食べる方法が描かれており、さらにセミ採りでかいた汗も拭えます。
セミはナッツのようなコクがあり食べやすいと定評のある昆虫ですが、くれぐれも加熱はしっかりと。
それでは準備が整い次第、キャッチ&イート!

 

■蝉の食べ方

1・捕まえる

成虫は日中に虫捕り網で捕獲を。幼虫は日没前後に(だいたい19時頃)羽化のため地中から這い出て木を登り始めます(東京では7月末~8月頭)。夕闇の中、木の幹をペンライトで照らせば簡単に見つかるでしょう。ただしセミは意外とスピーディに移動するので、10分もすると手の届かない高さへ登ってしまいます。素早く集め、他の木も探索しましょう。

 

2・成虫の翅をとる

セミが逃げないように気をつけながら水洗いし、熱湯でさっと下ゆでしたら成虫の翅をとり除いておきます。
翅の根元をつかんでねじるのが、キレイに取るコツです。

 

3・串を打つ

水気をぬぐってから、お好みで串をうちます(串がなければそのままでもOK)。セミの腹部に楊枝などで穴を開けておくと、揚げた時の破裂を防ぐことができます。

 

4・揚げる

セミを約180度の油でこんがり揚げ、軽く塩、コショウをふって完成。素揚げもおいしいけれど、衣をつけてフライにしてもコクが増します。
油が跳ねることがあるので注意しましょう。

 

5・いただきます!

ケチャップやタルタルソース、チリソースなど、お好みの味付けで楽しんで。チョコソースもナッツ感が楽しめてオススメです。
成虫は内部が空洞なので注射器でソースを注入するとジューシーに食べられます。

 

ぜひ、超文学フリマで現物をお手にとってみてください。
たくさんの方のご来場をお待ちしております

 

超文学フリマ(「ニコニコ超会議2」[2日目]併催イベント)
開催日 2013年4月28日(日)
開催時間 10:00~17:00
会場 幕張メッセ(「ニコニコ超会議2」内)

 



【関連タグ】 ,

『SPA!』 が虫の健康をクローズアップ

2013.02.26 | Posted by giriko | カテゴリ お知らせ, 小ネタ |  

週刊『SPA!』3/5・3/12合併号にて、我らが虫食いキング・内山昭一氏が登場!

(※ムシキングは長畑直和氏です。念のため)

『SPA!』には度々昆虫食が登場するが、今回はゴキブリの健康効果について触れられているのが大変すばらしいですね。

記事内で内山さんは「風邪をひいても寝込まなくなった」と語っているが、
自分としては虫を食べるようになってから「肌ツヤがよくなった」実感がある。
知人の中には”虫を食べてから花粉症が治った”という、えらい虫と体の相性がいい証言も。

あまり虫食いをプッシュするとへんな宗教臭が漂ってきそうなので、本日はこのへんで。

薬ではないので、もちろん個人差はありますよ!



【関連タグ】

第15回文学フリマ『ゴキコミ』参加します

2012.10.30 | Posted by giriko | カテゴリ お知らせ |  

明日から少しだけゴキブリが好きになる!
すごく好きにならなくてもいいけれど、少しだけ楽しめるようになる(多分)。
それがゴキコミ

前回はホチキス留め冊子の創刊準備号ということで、今回いよいよ創刊号。
第1号の特集は「乙女とゴキブリ」です。

特集ではゴキブリを●●る(”食べる”ではありません)美女インタビューや
ゴキ飼い少女のノンフィクション4コマ漫画、
そして「ゴキブリを楽しみたい! でも本物は無理!」という人に向けた
手作りゴキインテリアなどもご紹介。


前回の売り場は横一列にヤリマン→薔薇族→童貞→ゴキブリという濃厚な配置だったが、
今回も妙~に味わい深い冊子が並んで配置されている模様であります。

売り場は「エ-05」ぜひ、お立ち寄りを!

値段はまだ未定です(まだ制作中だから!)


【第15回文学フリマ詳細】
http://bunfree.net/

開催日 2012年11月18日(日)
開催時間 11:00~17:00
会場 東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
※詳細は会場アクセスをご覧下さい





【関連タグ】

Next Page →