第1回:昆虫料理研究会、始動

【昆虫料理研究会 第1回 例会報告】

■開催:1999年8月28日

■場所:東京多摩川の土手

■参加者:3名

スポンサーリンク

1・捕る

多摩川の土手はバーベキューの列。

それを横目にネットを振る。幼年の記憶が蘇る。いや、縄文の記憶と言うべきか。それにし てもトノサマバッタの飛行術はすごい。多摩川上空を飛び、岸辺に戻ってくるところを待ちかまえ、ネットに捉える作戦はなかなかうまくいかない。散歩してい た見知らぬおじさんも「はいったぞ、大きいぞ」と興奮して叫ぶ。

2・調理

今回はすべて空揚げ。熱湯にバッタ類、セミ類を放り込む。バッタ類は一瞬にしてうまそうなピンク色に染まる。それらを揚げる。数秒で鍋から上げないと焦げる。セミ類はちょっと揚げすぎたようだ。「煮る」「焼く」「蒸す」が次回の課題。

3・食べる

バッタもセミもすべて空揚げだったので、どちらも揚げた小エビの食感、サクサクっとしたスナック感覚だ。セミの翅も食べられる。セミは揚げすぎてやや焦げ臭い。素材の味が味わえなかったのが残念。



この記事を書いた人
ムシモアゼルギリコ

フリーライター歴19年(※虫関連の記事以外、基本は別名義)。
2008年頃から昆虫料理研究会(内山昭一主催)に参加し、“虫食いライター”としての活動を始める。
TV、ラジオ、雑誌、トークライブ等で昆虫食の魅力を広めているほか、映画やバラエティ番組などに登場する“虫食いシーン”の、調理サポート等も行う。

ムシモアゼルギリコをフォローする
バッタ会 虫イベントレポート
スポンサーリンク
ムシモアゼルギリコをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい