虫アート紹介【虫フェス報告番外編①】

虫フェス報告中編の前に、楽しい虫食い動画でちょっと息抜き。

今回虫フェスのステージで異様な存在感を放っていた虫イラストの作者・横山 拓彦さんの作品です。

壇上に、カブトムシ幼虫イラストがドーン。

 

枝の先で口を大きく開けて待ち構え、シャクトリムシをパクパクと!
いちご狩りのように、新鮮なものをその場で食べる。
虫食いの夢・・・だが、現実では加熱必須です(笑)。

会場では虫イラストのポストカードなども販売していたので、虫フェス参加者なら「ああ、あの人!」と分かるハズ。

今後も楽しい虫食い作品、待ってます!

個人的には虫食いパラパラマンガ希望です(強制はしてませんよ?)

この記事を書いた人
ムシモアゼルギリコ

フリーライター歴19年(※虫関連の記事以外、基本は別名義)。
2008年頃から昆虫料理研究会(内山昭一主催)に参加し、“虫食いライター”としての活動を始める。
TV、ラジオ、雑誌、トークライブ等で昆虫食の魅力を広めているほか、映画やバラエティ番組などに登場する“虫食いシーン”の、調理サポート等も行う。

ムシモアゼルギリコをフォローする
虫イベントレポート 虫フェス
スポンサーリンク
ムシモアゼルギリコをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト むしくい
タイトルとURLをコピーしました