虫食い@モンゴル

お知らせ

 

本日は、モンゴルに赴任されている方からのむしくい情報!

現地の民間療法では、「ゴリョー」「ゴラム」と呼ばれているこの虫の体液が、

アレルギー緩和によく効くのだとか。

食用法は、お尻の卵管をピュッと引っこ抜くと出てくる汁を吸うとのこと、なんとも艶めかしい光景だ(そうか!?)。

チョイルのモンゴル人曰く”この虫が食べている、ゴビ地方に自生しているニラの根っこには、アレルギーに効く成分が含まれている。だからこの虫の汁はアレルギーにいい”のだとか。もちろん、真偽のほどは不明。

さらに”オスでもメスでもどっちでもOK”とのことだが、オスには卵管がないので、メスじゃないとダメなのではと思われ・・・。

広大な大地の民は、さすがのおおらかさ(アバウト?)だ。

ちなみに日本人による実食の方法&感想は以下。

「腹を搾り出して水に溶かして飲んだ」「水に溶かして飲んだら、あまり味はしなかった」「汁を湯に溶かすやり方もあるらしい」

モンゴルへお出かけの方、こんな虫を見つけたら、ぜひパピコのようにチューチュー吸ってみてください(もちろん自己責任で)。

 

 

 

 

 

お知らせ小ネタ
girikoをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト 「むしくい」