虫フェスVol.2レポート・後編(その③)

虫イベントレポート

東京虫食いフェスティバル、通称虫フェス。レポート・後編です。

休憩をはさんだ後の後半戦は、前回「昆虫食と全く関係ない」と突っ込みを頂戴しました
カベルナリア吉田VSムシモアゼルギリコの「虫カルチャー紹介」コーナー。

なぜ「VS」になったかというと、大変口の悪いカベルナリア先輩が、ムシモアゼルギリコを壇上で「クソババア」呼ばわりするからだ。
しかしこの日のカベルナリア吉田さんは、前日にイベントのため沖縄から急遽東京に戻り、日中は別の場所で講演をこなし、開演ギリギリに駆け込んでくるという超ハードスケジュール。ご自慢の毒舌もお手柔らかでした。

第2回目「虫カルチャー紹介」のお題は「ゴキブリ」。

映画・漫画に登場するとびっきりチャーミング(?)なゴキブリを紹介し、「やっぱりみんなゴキブリ好きだよね!」という事を再認識致しました。しかも今回は「NOホラー」。ゴキブリ擬人化イコールB級ホラーばかりじゃないんです。

歌って踊ったり、トレンディドラマみたいに三角関係を繰り広げたり、変身ヒーローになったり異種どうしでいちゃいちゃしてみたりと、
ゴキブリカルチャーは実に多彩です。

この特に主張のないおバカな虫カルチャーコーナーを気に入ってくださった方は、
カベルナリア吉田さんの新刊『沖縄バカ一代』(林檎プロモーション)が嗜好にぴったりくると思うのでぜひお買い求めを。

そしていよいよ今回のメインディッシュ「虫の味」。

日本人なら知らない人はいないであろう某有名食品会社に勤務している「虫食Gメン」による、虫の味評価大会だ。

いかにもプロ!な白衣の研究員&なぜかクワガタ。

通常の業務で採用している「官能試験法」にのっとって、味を分類していく。

不味い虫・美味しい虫を鍛えられた舌で仕分けし、改善点を提案していく。

虫食いビギナーへの指南となり、虫食いプロへは改めて共感を得られたかどうか…!?(ご来場者の皆様、ご意見お寄せください!)

今回の物販の目玉となった「食べる虫ラー油」について、熱く語る研究者・Sと永井。

食べる虫ラー油を食べた方も、ぜひ感想をお聞かせいただけますと嬉しいです。

そんなこんなでたっぷり4時間弱。

ご来場くださった方も、Ustやこのレポートをご覧下さった方も、本当にありがとうございました!

夏は大阪で、Vol.3は秋に開催予定です。

虫イベントレポート虫フェス
girikoをフォローする
スポンサーリンク
昆虫食ポータルサイト 「むしくい」