昆虫食ポータルサイト「むしくい」

『百足部落』

2014.05.15 | Posted by giriko | カテゴリ 漫画, 虫カルチャーレビュー |  

Exif_JPEG_PICTURE

■著者:白丸健二
■発行:不明
■発売:東京日の丸文庫
■虫:ムカデ

「貸本マンガ」という懐かしのジャンルにもむしくいシーンはあるもので、
下北沢の古書店ビビビさんより、こんなマンガを教えていただいた。

タイトルから不穏な空気がビシビシと伝わってくる『百足部落』である。

タイトルから内容を想像すると、
「ムカデにまつわる秘密が隠された部落」とか「ムカデで何やら不思議なものを作って生計を立てている部落」になるのだが、
実際は「ムカデに引っ掻き回された部落」というのが一番正しいかもしれない。

現在このマンガはほぼ手に入らないと思われるのでざっくり概要を説明してしまうと、
捕えられたオオムカデを逃がした少年が、ムカデの精(?)に騙されムカデを食べさせられ
「百足の性質を持つ」怪奇少年になってしまう。
(性質を持つといっても、毒百足を巻き散らすという、人間でも十分できる迷惑行為をするだけなのですがね。
まあウシジマ君的世界では重宝するかもしれませんが)

そして村人を脅し、ケケケケケ! と山へ消えてしまいましたとさ・・・という何ともシンプルかつひどいお話。

そもそも逃がしてくれた少年に、オオムカデはナゼそんな仕打ちをしたのだろうか?

百足の精は言う。

「これがたすけてもらった私のご恩返しなの」

そ、それ恩返しやない。恩知らずや! なんという不条理!

安易に人助け(虫助け?)なんてするもんじゃないという道徳マンガだったのか・・・!?

とにかくヤマゴボウと間違えて、ムカデを食べたりしないことです。なかなか間違えないけれど。



キモい!? 怖い!? 虫アトラクション その①

2014.03.22 | Posted by giriko | カテゴリ 小説、絵本その他, 虫カルチャーレビュー |  

10015645_481650395270382_1107945573_n

緊張感みなぎる捕食(寸前)シーンを巨大オブジェで再現!

お出かけ気分が盛り上がる3連休ということで、マニラにある室内遊園地「Star City」の「虫アトラクション」をご紹介。

実はこちら、虫ネタを期待して出向いたのではなく、「パクリ遊園地」というウワサをネットでチラホラ目にしたので
“劣化版某有名キャラクター@中国”のような分かりやすいアレを期待して行ったもののそこまで露骨なパクリっぷりではなく、

「なんとな~く、ネズミ―ランド的なものをできる範囲で頑張ってみました」というレベル(笑)。

ガイドブックなどには「レトロな雰囲気を味わえる」と紹介されているが、なるほど、そういう言い方もありますね。

10011524_481650615270360_1578712652_n

↑期待していたのは、こういうノリの劣化版有名キャラ(これもスターシティ内で販売)

そんなレトロ・・・というかキッチュな雰囲気たっぷりなアトラクションがひしめくなか、「GIANTS」という虫アトラクションを発見。

虫が巨大化した世界(オブジェ)の間をヒトがねりあるくだけというぬるさであるものの、マヌケさただよう表情が、そこそこ楽しめる。

1902979_481650348603720_1027442565_n

1475774_481650438603711_211332049_n

 

巨大なキノコや昆虫のいるうす暗い空間は、無理やりオシャレに説明すれば「ティムバートンのアリスワールドに迷い込んだような世界」!

・・・いや、スミマセン。せいぜい“ちょっと可愛くしたトロマ風味”ってところでしょう。

1970358_481650495270372_2111049852_n1098189_481650418603713_813306563_n

 

大人向けではないものの、小さな子が見たら高確率で泣き出しそうである。

1922500_481650461937042_235586692_n

 

4本脚である点を除けば、蟻は比較的平和な見た目・・・

1476345_481650518603703_2048646283_n

 

でもなかった。

10151262_481650571937031_1197681362_n

 

背後からせまり来る狂気あふれるウサギ! よく分からないけど、蟻、ピンチ!

1969314_481650618603693_1451797956_n

 

Star Cityの名誉のために一応補足しておくと、メジャーな観覧車やスピード系アトラクションも充実しております。それなりに。

10013606_481650588603696_1706280519_n

 

目印は、なんとなく岡本太郎を思わせる、三角の塔。爆発しているのはレトロ感だが!

(その②へ続く)

 



【関連タグ】

モパニワームストラップ

2014.01.22 | Posted by giriko | カテゴリ 小説、絵本その他, 虫カルチャーレビュー |  

Exif_JPEG_PICTURE

ジュンク堂池袋店の昆虫食ブックフェアで、衝動買いした「モパニムシストラップ」(457円)

“この、お腹の一部がペシャッとつぶれているところがリアルううぅ!” と悶絶していたら、

なんとこちら本物のモパニワーム(乾燥)を塗装して作られたものなのだとか。

しかも作者は、昆虫食研究でよく知られる野中健一先生(驚)。

以前『虫食む人々の暮らし』という本を発表された際に、本のおまけでこのストラップをつけたそうだ。

先生のていねいなお仕事、感服致します…!!

モパニワームは南部アフリカに生息するヤママユガの一種で、内臓を手でしごいて出したあと、炒ったり塩茹でされ、日干しにされる。

それからそのまま食べたり、水でもどしてシチューや炒めものなどに使われるという。

そしてこのストラップに使われているのは、市場で実際に売られていたもの。

加工されているのでニオイはなく、手触りもカチカチ・・・。

でも、ボディ表面のプリーツのような横ジワと黒い斑点が、まさにモパニワームのソレ!

昆虫食の見本のひとつとして、大事に保管しようと思います。

ぱっと見、なまこストラップと思われそうだけど。

 



貸本時代の虫漫画

2014.01.21 | Posted by giriko | カテゴリ 漫画, 虫カルチャーレビュー |  

貸本で活躍したという作家・谷ゆきお。

未入手ですが、ぜひとも読んでみたい、虫がらみの怪奇マンガです。

表紙だけで笑いがこみあげてくる、素敵な破壊力!

 

aribito1

 

「アリンチュ」と読みたくなるタイトル。

 

musigeno1

毛虫でなく、虫毛。タランチュラの抜け殻で、アフロのかぶりものを作りたいと思ったこともありました。

tiiro1

 

「吸血蛾」と言わず、「血いろ」という言葉を使う点に、時代を感じます。あ、でも80年代のマンガでも「血色の闇」ってあったな。

 

レビューじゃなくてスミマセン。



蟲の縁起物

2014.01.04 | Posted by giriko | カテゴリ 小説、絵本その他, 虫カルチャーレビュー |  

封を開けてびっくりの、蟲御年賀!

ユニークな絵馬やお守りを収集する絵馬研究家の鏑木麻矢さんから、「ムカデ縁起物」を頂戴しました。
NEC_0321

金色のムカデ刺繍が豪華!

プリントのムカデも、ゾロゾロッとした脚がど迫力。

これらは毘沙門天王の総本山である奈良県・信貴山の縁起物。

毘沙門天王の使者がムカデとされることから、このように縁起物のモチーフとなっているのだ。

そんなことから昔は毘沙門天を祀る寺で、正月には「お福むかで」といって生きたムカデが売られていたこともあるのだとか。

(それらは漢方に使われたらしいので、これもまた「むしくい」の一種かもしれない)。

ムカデは脚が多い形から「お足=お金が多い」「出足が多い」と、商売繁盛、金運上昇などのご利益があるとされているので、

「お福むかで」をパリパリかじれば(要加熱)運気も栄養もフルチャージ!! なんて夢広がる。

が、縁起物のおすそわけが阿鼻叫喚となる可能性も少なくなく、やっぱりお守りのモチーフくらいが平和かもしれません。

それにしても『ムカデ人間』の素敵マッドサイエンティスト・ハイター博士に「いいでしょ欲しいでしょ」と、見せびらかしたいですな。

鏑木麻矢さんのご利益ネタ満載ブログはこちら↓から!

麻矢の不思議カワイイ!? ご利益モノがたり

素敵なお年賀、本当にありがとうございました!



Next Page →