昆虫食ポータルサイト「むしくい」

第7皿 未来の携帯食・蟻

2012.10.07 | Posted by giriko | カテゴリ 虫食エッセイ |  

少女マンガにも登場する
未来の虫食いシーン

むしくいシーンは怪奇漫画や少年漫画ばかりでなく、少女漫画にも登場する。
今回紹介するのは、気と目力と運がやたら強いヒロインが印象的な『7SEEDS』だ(田村由美・著。現在『月刊フラワーズ』で連載中)。

(続きを読む…)



第6皿 先生がアレを食べるようになったワケ

2012.05.29 | Posted by giriko | カテゴリ 虫食エッセイ |  

 やさしい先生には秘密があった

それは“アレ”を食べること!

アレです。

虫を食べていると様々な驚きがある。

バッタは熱を加えると赤くなる。蜘蛛はチョコレートの味じゃない。
カメムシは種類によってはパクチー的な風味がある。
セミ幼虫はピーナッツ味。

(続きを読む…)



第5皿 滋養たっぷり!? ムカデde介護

2012.02.04 | Posted by giriko | カテゴリ 虫食エッセイ |  

とんでもマンガに登場する”虫食い”は
食べ方も凄かった。そりゃそーだ。

今回紹介したい蟲メシは、いばら美喜の『死神がくる!』に登場する「ムカデ食い」。

いばら美喜は、古賀新一率いる80年代の怪奇漫画レーベル・レモンコミックス(立風書房)で活躍していた漫画家だ。

(続きを読む…)



姑VS嫁! 疑惑の蛾弁当その③ 完結

2011.09.07 | Posted by giriko | カテゴリ 虫食エッセイ |  

蛾の味わいはヘルシーコンシャス(多分)!

豆に近い植物性淡白質系

さて、そんなふうに新旧にわたって大活躍のお蚕様は、糸をとることを目的に飼育されるため、繭になるとさっさとグツグツ煮られてしまう。蛾弁当のように「成虫」の姿に出会える機会というのはなかなかないのだ。蚕は完全に家畜化された虫なので、野外で採取してくることも、まず不可能。蚕を手に入れて自分で育てるという方法もあるが(育成キットが売られている)、今回は某研究所から分けてもらった成虫を使ってみた。

(続きを読む…)



【関連タグ】 ,

姑VS嫁! 疑惑の蛾弁当その②

2011.08.20 | Posted by giriko | カテゴリ 虫食エッセイ |  

日本の近代化と未来を吐き出す

働きものの虫・蚕

 

日本で食べられていた蛾といえば、信州・伊那地方の「まゆこ」だ。

「まゆこ」は蚕蛾の大和煮(砂糖や醤油などで濃く味つけした煮物)で、現在でもネットで缶詰を購入することができる。

蚕蛾(かいこが)というとピンと来ないかもしれないが、その前身である「蚕」ならば、誰でも知っている虫だろう。

(続きを読む…)



【関連タグ】

← Previous PageNext Page →