昆虫食ポータルサイト「むしくい」

日テレBS放映の〈虫食い女子会〉レシピ公開☆

2016.03.06 | Posted by giriko | カテゴリ お知らせ, 小ネタ |  

昨日放映の『中川翔子のマニア☆まにある』にて登場しました〈虫食い女子会〉の昆虫料理レシピをご紹介!

DSC_2103

12659664_748582318608489_743844472_n

パエリアの具はアレンジして、冷蔵庫にある虫でOKです☆ って、冷蔵庫(&冷凍庫)に虫が入っているご家庭は少ないかもしれませんが……。

今回の〈虫食い女子会〉のテーマは、なんとなく〈虫バル〉
DSC_2101

虫パエリアをメインに、前菜として蝉アヒージョ、デザートは爽やかにタガメの白ワインゼリーです。
料理している間に、ほそいあやさんにパパッと描いてもらったメニュー。つっこみポイントが1か所あるが、それは虫云々に非ず。

〈蝉のアヒージョ〉
■材料(4人分)
蝉(幼虫)……8頭
蝉(成虫)……4頭
にんにく……2かけ
白マッシュルーム……5個
オリーブオイル……適宜
唐辛子……2本
塩、コショウ……適宜
パセリ……適宜

■作り方
1・蝉を軽く下茹でして、竹串で穴をあけておく。にんにくはみじん切りに、マッシュルームは塗れたふきんで汚れをふきとり、食べやすい大きさにカットする。
2・フライパンでオリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れて熱し、蝉とマッシュルームを加え、炒め煮にする。具に火が通ったら塩、コショウで味を調える。パセリを散らし、完成。※好みでバケットやレモンを添えても。

〈バグパエリア〉
■材料(4人分)
・ゴキブリ……5頭
・ミールワーム……80頭
・コオロギ……80頭
・米……2合
・サフラン……小さじ1/2
・玉ねぎ…1/2個
・にんにく……2かけ
・パプリカ(赤・黄色)……各1個
・お湯……480ml
・オリーブ油……適宜
・白ワイン……100ml
・ローリエ……1枚
・塩、こしょう…… 適宜
・黒オリーブ……適宜
・パセリ……適宜
・レモン……2個

■作り方
1・米をざっと洗って乾燥させておく。ゴキブリは下茹でしてから肢と内臓を取り除いてから焼き、ミールワームは素揚げ、サフランはお湯につけておく。ニンニク、玉ねぎは粗めのみじん切りにする。パプリカは種を取り除き縦に切る。
2・フライパンでオリーブオイル、ニンニク、玉ねぎ、コオロギを炒め、米を加える。
3・米が透き通ったら1のサフラン湯、白ワイン、ローリエを加えてから塩、こしょうで味を調える。5~10分ほど煮込んだら、パプリカとミールワーム、コオロギを並べて蓋をして、さらに5分蒸し焼きにする。
4・火を止めたらパセリと黒オリーブを散らす。食べる前に櫛切りにしたレモンを添えて、完成。

〈タガメのゼリー〉
■材料(4人分)
タガメ(塩づけ)……2頭
ゼラチン……5g
水……80ml
グラニュー糖……30g
白ワイン……200ml
ミント……適宜

■作り方
1・タガメを水につけて塩抜きし、下茹でしたら縦にカットする。ゼラチンは少量の水(分量外)をふりかけ、ふやかしておく。
2・水と砂糖を火にかけ、砂糖が溶けたらタガメの中身とワインを加え、沸騰直前でゼラチンも入れて溶かして火を止める。
3・2の粗熱がとれたら器に移し、冷やし固める。固まったらミントとタガメの殻を添える。

DSC_2105
※おまけ 
ウフウフと虫を食べさせっこしているほそいさんとユミちゃんでした。



【関連タグ】 , , , ,

アジアスーパーストア移転、その他のお知らせ

2015.03.20 | Posted by giriko | カテゴリ お知らせ, 小ネタ |  

現在拙著『むしくいノート』の電子版を準備中にあたって、内容を再確認しているところですが、

虫が食べられるお店、買えるお店にチラホラ変化がありますね…!

Exif_JPEG_PICTURE

まずは、タガメ、蟻、タイワンツチイナゴ(ボイル品)が買えるので重宝していたアジアスーパーストア(P92)が、

4月17日に移転とのこと! 同じ職安通りの数件となりのビルにうつるようです、本日入手の情報では

新宿区大久保1-8-8シャルール新宿2Fだそうです。

次に、ベーシックな虫の佃煮が食べられる信州郷土料理「銀座だいしん」(P80-81)は閉店、

タイ料理店「ノンちゃん家」(P84-85)は休店?、

いなごパスタで話題を集めた「リストランテアブセント」(P89)は移転後虫系は行っていないとの話です。

電子書籍版は、新たな情報に差し替える予定です。

(リリース時期は準備ができましたら改めてお知らせします)

 

以上かんたんにですが、虫情報のお知らせまで!

 

 



ゴキブリ薬膳料理

2014.08.26 | Posted by giriko | カテゴリ お知らせ, 小ネタ |  

昨日8月26日、エンタメ情報を配信している「クランクイン!」にて、インタビューを掲載いただきました。

<閲覧注意>虫って食べたらおいしいの? 虫食いライター・ギリコさんに聞いてみた

相変わらず「閲覧注意」と書かれちゃってますが
猛暑の中、むしくい話を面白がって聞いてくださったライターの石井隼人さんありがとうございました!

今回はインタビューに加え「夏におすすめの虫料理」をご紹介しましたが、
その中で初公開となるのは、国際薬膳師である岡央知子さんに監修いただいた「ゴキブリの薬膳田作り」。

Exif_JPEG_PICTURE

脚と内臓を取り除いてからパリッと炒めたゴキブリ(オレンジローチ小サイズ)をショウガ、トウガラシ、しょうゆ、酒、黒砂糖で煮詰めクコの実、くるみをからめ田作り風に仕上げました。

「夏でも冷房で体が冷えて…!」なんてお悩みの人は、ぜひお試しを。
なかなか気軽に試せないかもしれませんが。



【虫が食べられるお店】高田馬場・ノングインレイ

2014.07.25 | Posted by giriko | カテゴリ お知らせ, 小ネタ |  

セミメニュー

来週からはいよいよ各地で、夏の虫食いイベント「セミ会」が開催!

毎年楽しみにしているイベントであるのはもちろん
特に今年は初の試みである「外来種を食べて駆除」という目標があるので、より一層気合が入るというもの。

そんなタイミングで、虫食い仲間の美人プロモーターNさんから「ノングインレイに蝉が入ってました」という嬉しいメールが届いた。

(続きを読む…)



虫の生食&加熱について

2014.06.12 | Posted by giriko | カテゴリ お知らせ, 小ネタ |  

昆虫を、美味しく楽しく安全に食べるために「蟲ソムリエの道」というブログを綴っている蟲クロトワ氏が
昆虫食愛好家必見のとてもいい記事をアップしていますので、こちらでもリンクを貼らせていただきます。

【注意】ペットショップで売られる養殖昆虫の食用利用について

安価で手軽に手に入れることのできるミールワーム、ゴキブリ、コオロギなど。

これらを安全に美味しく食べるコツ、注意点、リスクなどについて簡潔にわかりやすく解説されています。

特にこの中で、自分が常日頃ハラハラさせられていたのはやはり「生食い」について。

“虫の生食い”といえば、それを得意とする芸人の佐々木孫悟空氏があげられるでしょうが、
彼の場合は完全に「パフォーマンス」「見世物」として成立しており、
彼自身が他人に生食いを推奨しているワケではないので全く問題ありません。

問題となるのは、“リスクの説明なく虫の生食いを他人に勧めること”“リスクを理解していないまま、勧められるままにノリで食べてしまうこと”でしょう。

さらに“加熱”についても最近気になることがひとつ。

熱した油にゴキブリを入れ、シュワシュワッと約10秒ほどで・・・さっと引き上げている!?

パッと見ただけでも、明らかに加熱が足りていないような気がします。
中心部まできちんと火が通っているのかどうか、不安になってきます。
(ちなみに上記の記事に登場するサルモネラ菌は、70度以上で1分以上の加熱が殺菌の条件です)

ひとり、もしくは数人のクローズドな集まりで食べる分にはお好きな火加減で楽しめばいいと思いますが
不特定多数の人間に虫料理を提供したいと考える方は、昆虫食以前に、普通の料理に日頃から親しみ、
必要最低限の調理知識&技術を身につける必要もあるでしょう。
(家庭料理の範囲で十分だと思うので、そう難しいことではありません)

食材の加熱時間や下処理などを科学的に説明した書籍はいくらでもありますので、
そういったものを参考にするのもおすすめです。

まれに雑誌やTVなどの撮影用では、見栄えをよくするため虫の加熱時間をほんの少し短くしているケースもあります。
(余談ですが、翅を残したまま仕上げるのも見栄えの問題ですね。通常は取り除いたほうが口当たりがよくなります)

もしかしたらそれらの色加減を目安に「これくらいの加熱でOK?」と判断されているのかもしれません。
しかし実際に食べてみれば、中心部がレアかどうかはすぐ分かることですので、ご自身の目と舌でしっかりご確認を!



Next Page →