昆虫食ポータルサイト「むしくい」

第23回:2006年バッタ会

2011.01.10 | Posted by giriko | カテゴリ バッタ会, 虫イベントレポート |  

【昆虫料理研究会 第23回 例会報告】

■開催:2006年10月14日(土)
■場所:京王線「高幡不動」駅近く浅川

■食材:バッタ、セミ、カワゲラ、イナゴ、アリ、ハチ、サクサン、サワガニ、ザリガニ、タガメ、スズメバチ幼虫&さなぎ、ツムギアリ幼虫&さなぎ、カイコさなぎ

■参加者:14名

罫線 WIDTH=

今年もバッタ捕りの季節がやってきました。大きく育ったトノサマバッタの採集は、
狩猟気分を満喫させてくれます。参加者のみなさんは童心にかえって秋の一日をお
おいに楽しみました。

罫線 WIDTH=

主なメニュー

煎りイナゴの香梅炒め
天ぷらと素揚げ(バッタ、セミ、カワゲラ他)
虫入り芋煮(アリ、ハチ、サクサン、サワガニ、ザリガニ)
虫キムチ(タガメ、スズメバチ幼虫とさなぎ、ツムギアリ幼虫とさなぎ、カイコさなぎ、サクサンさなぎのむき身)
虫クッキー(イナゴ、カイコさなぎ、タガメペースト)

(続きを読む…)



第20回:2005年バッタ会

2011.01.10 | Posted by giriko | カテゴリ バッタ会, 虫イベントレポート |  

【昆虫料理研究会 第20回 例会報告】

■開催:2005年10月15日

■場所:多摩川

■食材:トノサマバッタ、ショウリョウバッタ、エンマコオロギ、クビキリギス、カマキリ、サクサンさなぎ、セミ幼虫、シロテンハナムグリ、アリの幼虫、さなぎ、サクサンさなぎ、タガメ、カイコさなぎ、サクサンさなぎ、ブドウ虫、カタツムリ、ナメクジ、アメリカザリガニ

■参加者:12名

罫線 WIDTH=

予想外の好天に恵まれて、多摩川河畔で虫取り大作戦です。主な獲物はトノサマバッタですが、他に何が取れるかはお楽しみ。童心にかえって秋の日をおおいに満喫しました。総勢12人が参加され、内4人が初参加でした。

(続きを読む…)



第15回:空の青空の下で虫焼きそば

2011.01.10 | Posted by giriko | カテゴリ バッタ会, 虫イベントレポート |  

【昆虫料理研究会 第15回 例会報告】

■開催:2003年10月19日

■場所:京王線 高幡不動前近く浅川

■食材:(当日採集品)トノサマバッタ、イナゴ、ツユムシ、クビキリギス、カマキリ等

(持参品)コオロギ、ケラ、ガムシ、カイコさなぎ、ジャイアントワーム(ユミアシオオゴミムシダマシ幼虫)等

今回は久しぶりに自然の中で虫取りを楽しみました。京王線高幡不動駅前に集まり、浅川に出て、土手沿いを虫を探して歩きました。

採集風景

好天に恵まれて温度も上がり、トノサマバッタがそこここの草むらから飛び立ち、それを追って走り回りました。この時期なのでそれほで量はとれませんでしたが、おおいにストレス解消にはなったと思います。

(続きを読む…)



第1回:昆虫料理研究会、始動

2011.01.05 | Posted by giriko | カテゴリ バッタ会, 虫イベントレポート |  

【昆虫料理研究会 第1回 例会報告】

■開催:1999年8月28日

■場所:東京多摩川の土手

■参加者:3名

1・捕る

多摩川の土手はバーベキューの列。

それを横目にネットを振る。幼年の記憶が蘇る。いや、縄文の記憶と言うべきか。それにし てもトノサマバッタの飛行術はすごい。多摩川上空を飛び、岸辺に戻ってくるところを待ちかまえ、ネットに捉える作戦はなかなかうまくいかない。散歩してい た見知らぬおじさんも「はいったぞ、大きいぞ」と興奮して叫ぶ。

2・調理

今回はすべて空揚げ。熱湯にバッタ類、セミ類を放り込む。バッタ類は一瞬にしてうまそうなピンク色に染まる。それらを揚げる。数秒で鍋から上げないと焦げる。セミ類はちょっと揚げすぎたようだ。「煮る」「焼く」「蒸す」が次回の課題。

3・食べる

バッタもセミもすべて空揚げだったので、どちらも揚げた小エビの食感、サクサクっとしたスナック感覚だ。セミの翅も食べられる。セミは揚げすぎてやや焦げ臭い。素材の味が味わえなかったのが残念。





← Previous Page