スポンサーリンク
レシピ

【昆虫料理】カマドウマラーメン

そろそろカマドウマ料理は最終局面に突入です。 今回、じっくりカマドウマの出汁をとってみようと思いまっせ。 せっかくだし、ガツーンとカマドウマ出汁の旨みを活かした料理を。 よぅし、カマドウマラーメンを作ってみよう。 さーど...
レシピ

【覚醒せよ、カマドウマのUMAMI】カマドウマ・ジャーキーを作る

カマドウマを何度か料理してみたら、意外にもカマドウマは旨味が強かった。 とりわけ中でも特に旨い部位は、筋肉の発達した後脚。 跳躍力の高いバッタ等にも当てはまると思うんですが、おそらくこのマッシヴな後脚がイチバンの旨味の塊...
レシピ

【昆虫料理】カマドウマのエビチリ(?)

なんだろな。カマドウマを味わえば味わうほどに、 見た目も味も、エビのように思えてきたな。 だから、もういっそエビの代替的な使い方をしてみよう。 エビ…エビ…エビチリ…。エビチリか!いいねぇ。 今回はカマドウマでエビチリを作ってみよう...
昆虫料理

【昆虫料理】カマドウマの釜めし

初夏にクワガタ採集に行ったつもりが、 クワガタよりも、何故かカマドウマばかりを100匹近くGETしたので、 どうしようかなァ〜と、しばらく冷凍備蓄しながら悩んでおりました。 以前カマドウマは、旨味の塊であることを知った...
お知らせ

TBSラジオ『アシタノカレッジ』でむしくい

「“学び”דエンターテインメント”の新しい体験が始まる夜の学校」というテーマのTBSラジオ『アシタノカレッジ』に、昆虫料理研究家の内山昭一さんと出演してきました。 火曜日は〈アシタノたべる学部〉ということで、昆虫食が取り上げ...
昆虫食関連 書籍

衝撃の昆虫食本

大手企業である無印良品が「コオロギせんべい」を出したことで、日本もいよいよ「ついに来たか、昆虫食⁉」という盛り上がりを感じられるようになってきました。 すると「今でしょ」(古い?)とばかりに、次々いろいろなコンテンツが姿を現します。 ...
お知らせ

ロギッケ@マンガの虫飯『桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?』より

新刊(『スーパーフード! 昆虫食最強ナビ』)の冒頭を虫食い漫画で飾ってくれた、ぽんとごたんだ先生といえば『桐谷さん ちょっそれ食うんすか⁉』が代表作(多分)。 こちらのヒロイン桐谷さんときたら、虫やらヘビやらクジャクや...
お知らせ

『@DIME』の昆虫食記事一覧(2009年)

ビジネスマン向けのトレンドマガジン『DIME』(小学館)の付録が、虫的にもアツい。 昨年9月ごろ0.1g単位ではかれるデジタル軽量スプーンは「虫料理レシピ作成の神アイテム!」と小躍りしてしまった。最近ではスマホに装着する「90...
レシピ

「ミールワームのビスコッティ」レシピ

以前、自由大学の「昆虫食マイスター講座」の調理実習回を担当させていただいたときに作ったミールワームのビスコッティ。メモ代わりにレシピをアップしておきます。 「ミールワームビスコッティ」(約36本分) (材料) ミー...
お知らせ

新刊『スーパーフード! 昆虫食最強ナビ』について

2013年に上梓した『むしくいノート』からだいたい7年が経ち、昆虫食を取り巻く環境が予想以上に変わりました。今このタイミングで同じ構成の本を作ったら、全然内容が変わるんだろうな~とぼんやり思っていたタイミングで、プランリンクさんという書籍編...
昆虫の味

【昆虫食】カブトムシのさなぎの兜煮

カブトムシは、幼虫、成虫もマズい。腐葉土の味と、酷評が絶えない。 けれども、ひとつ盲点があった。サナギを食べていないんだ。 サナギを食わずして、「カブトムシはマズい」と決めつけるのは、 ちょいと早計な気がしてよろしくない。 カブトは...
昆虫の味

【昆虫食】カナブンってどんな味?

7月になると、もうカナブンが盛んに飛び回る季節。 カブトムシ、クワガタが好きで採集に行く人であれば、よく樹液酒場でカナブン軍団を見ることも多いんじゃないでしょうか。 ということで、今回はカナブンの味について。 甲殻が硬いので、...
タイトルとURLをコピーしました